どうして禁煙は失敗する

禁煙をしたい方は数多く居ますが、全ての方が成功する訳ではありません。中には、どうしてもやめられない人もいますし、一時的にやめられたけれど再び喫煙を始めてしまう人もいます。失敗した方にとって、自分がどうして上手くできなかったのかは大きな疑問でしょう。禁煙に失敗する理由は、大きく分けて4つあります。

1つ目は、心構えです。このポイントで失敗する方にありがちな間違いは、意識的に決心を固める事でしょう。強い心構えは、あまり長続きしないからです。心構えは自然に身につくように、準備を整えるのが大切になります。例えば、自分がどうして喫煙を続けるのかを考え直してみるのは簡単で効果的な方法です。冷静に考えてみた時、特に目的が無いと気が付けば喫煙を続ける必要性が無くなります。心構えを作るのには、意外にちょっとしたコツで十分なものです。

2つ目は、周囲の環境です。ここでネックになるのは、日常的な人間関係の中でタバコを勧める方がいる場合です。良い感じでタバコを遠ざけていても、人に勧められると中々断りにくいでしょう。そこで、上手く断る方法が必要になります。例えば、病院で禁煙外来を利用している方は、この事を相手に教えるのが有効です。人間関係との兼ね合いがあって断れないという方にも理解してもらえますし、医者に止められている事実を知れば相手も無理強いはしないものです。

3つ目は、体の欲求です。タバコを止めてから1週間から2週間ほど経つ間に、どうしてもタバコが吸いたいという衝動が起きます。これは体が健康に向かっている良い兆候ではありますが、禁煙をする方にとって1つの試練になるでしょう。上手く乗り切る方法はいくつかありますが、その1つはタバコ以外に気分を良くする趣味を持つ事です。例えば、携帯型の音楽プレーヤーがあります。タバコやライターの代わりにポケットで携帯する、程良い重さと大きさですし、リラックスしやすい音楽を聴く事もできますので、意外と役に立つものです。

4つ目は、行動パターンです。喫煙者にとってタバコを吸うのは習慣の1つですから、毎日の行動パターンの中に喫煙に至る流れが組み込まれています。そこで、行動パターンを調整すると喫煙の習慣を変えやすくなります。例えば、起き抜けに一服する行動パターンがある方なら、タバコの代わりに水を一杯飲む方法があります。その為に自分好みのミネラルウォーターを探すのも良いでしょう。

禁煙に失敗する理由は様々ですが、そのいずれも必ず原因はあるものです。原因さえ突き止めれば、工夫次第でいくらでも改善していく事ができます。

▼このサイトで禁煙治療薬を購入しよう
ニコレット

ページトップへ